読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jazzと活字と、ときどき経済学。

Jazz、読書録、労働経済学(キャリア形成、女性の労働)、グルメ、ミュージカルなど。雑多に、不定期に。

最近購入したBluetoothイヤホンの評価

新商品

1ヶ月前にbluetoothイヤホンを購入しました。今のところ、iPhoneと接続して、音楽聴いたり、youtube見たりという用途で使っています。使用する中で感じるメリットとデメリットについて、まとめてみました。

 

 

メリット

(1)コードレス:iPhoneと有線で繋がっていないというだけで、こんなに快適なんだ!と目から鱗やら何やらが飛び出てしまうくらい、ストレスフリー。特に、歩いている時、満員電車、ingress中にストレスが無いのがありがたいです。

(2)設定・接続が簡単:購入して初めて使う際に、設定(30もいらない)するだけで、あとは自動的に繋がってくれるので、大変楽です。

(3)Bluetoothの電池量が接続機器上でわかる:これはiPhoneの機能なのか、Bluetoothヘッドフォンの機能なのかわかりませんが、接続中は常に電池量がiPhoneに表示されているので、充電のタイミングがわかって便利です。

(3)見た目がかっこいい:他社製品を見ていると、黒一色、白一色とシンプルなものが多い中、蛍光グリーン?イエロー?に惹かれてしまいました。まぁこれは好みの問題です。

(4)廉価:ヨドバシカメラ梅田にも見に行ったのですが、安くても5,000円を超えるものばかりでした。それと比べると、2,500円を切る値段設定に不安にもなりましたが、使用する上での目立った問題点や故障はありません。

 

デメリット

(1)充電の手間:普通のヘッドフォンと異なる点としては、充電が必要となる点。とはいえ、電池のモチは結構良いので、今のところ、そこまでストレスではないです。

(2)音質に不満足:普段聞く音楽の7割くらいがJazz & Bossa Nova2.5割がMusical音楽や映画音楽、0.5割がJ-POPなので特に感じるのかもしれませんが、低音が聞こえにくいのが残念です。ベース、バスドラムの音は、集中して聞かないと、鮮明には聞こえません。iPhoneの設定Jazzモードにしているので、低音が聞こえやすい設定にしていても、この調子です。一方、J-POP主体として聞くのであれば、あまり気にならないのかもしれません。

(3)サイズ感が海外用:耳の穴に入れるカナル部分が大きくて、長時間使用していると耳が痛くなります。クッション部分を小さいものに変えたことで改善されましたが、それでも未だちょっと大きすぎる印象です。

 

今後の課題:

一応スポーツタイプのもののようなので、今度ランニング時に使用してみたいと思います。